Debateフィードバック掲示板

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■218 / inTopicNo.1)  ディベート指導を応用したAO入試指導
  
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 02:00:23)
http://nako-p.cocolog-nifty.com/
     この度、本校から東北大学工学部のAO入試(II期)を受験する6名の生徒を指導するための特別プログラムの実践を公開します。

     昨日より連日30〜40分の指導+宿題で、AO入試に必要で、最も基礎的な資質を身につけてもらうことを狙いとしています。

     「30〜40分」という時間を聞いて「短い!」と思って下さるでしょうか?

     指導する側としては「スモールステップで段階的に」が基本コンセプトです。
     この「スモールステップ」も、ディベートの指導において他の先生方から教わったコツです。

     つい先日から開発を試みた指導実践です。成功する保証はありませんが、12年の指導経験から「これはやっておいた方がいいだろう」と思うことを着実に習得してもらうことを目指します。

     高3理IIコース(理系の受験コース)の担任として、またディベート部顧問&全国教室ディベート連盟東北支部副支部長として、責任感と意欲をもって取り組みたいと思っております。
     今後とも見守って頂けたら幸いです。

     また「こうしたら更にいいよ」といった、良い方向に向かう建設的なご助言や励ましは大歓迎だということもお伝えしておきます(^^)

    *(2008/07/22(Tue) 14:40:27 編集[投稿者])
引用返信 削除キー/
■219 / inTopicNo.2)  この取り組みを何故公開したか
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 02:26:18)
http://nako-p.cocolog-nifty.com/
     実際には、この取り組みが、生徒の合否を分けることはないと判断したからです。

     東北大学工学部AO入試(II期)の出題パターンは

    ・英文を要約し、それに関連した日本語の質問に、小論文で答える。
    ・物理・化学・数学の中から2題を選択して解答する。

    http://www.eng.tohoku.ac.jp/admission/admission.php?menu=ao2

     「学力も必要」と、東北大学側も明言しています。
     当日、対応して解けるか否かが大きなポイントです。

     工学部生となり、卒論に取り組む学生にとって必要となる資質を、高校3年生レベルで聞いてくる、というもので、受験生の公平を図るにはこの方法が妥当なのかな、と思っております。

     物理の問題レベルは、「それって過去に東大の入試にあったよ。ほら」というものから、「をを、高校2年生でも解けるじゃん!」というものまで幅があります。作問者苦労がしのばれます。

     ということで、AO入試以前の『推薦入試I』よりは、事前対策がしにくい、という印象です。
     むしろ、普通の受験勉強をしていた方がいいのでは?とすら思います。

     そこで、「志願理由」と「面接」に関するスキルは、ディベート的な指導で合理的に身につくので、それによって担任や小論文担当者の負担を、まずは小さくすることを試みるのです。その点が少し楽になったら「あとは学力だから頑張ってね」と言えますよね。

     そのような理由から公開することにしました。
引用返信 削除キー/
■220 / inTopicNo.3)  事前購入の図書〜著者がディベーター
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 02:39:18)
http://nako-p.cocolog-nifty.com/
     昨日から実践を始めるにあたって、仙台の丸善で下記の本を購入しました。

     この本の著者の新田真之介さんはディベート甲子園でも大活躍した方です。
     ディベーターの目から見た分析に基づく実践は間違いなく参考になると、ネットで在庫を確認して買いに行きました。
     「徹底的な自己分析から」などはさすがディベート経験者。現状分析を深めて、何を相手に伝えたいかを意識するところは、間違いなく大切です。

     残念なのは、文系受験の体験記であることです(仕方がありません(^_^;))

     必要な方は是非、お買い求めください。

    ==================================

    書名 『AO(FIT)入試で慶應大学法学部に合格する!』

    著者名 新田真之介・矢島里佳/著
    出版社名 エール出版社 (ISBN:978-4-7539-2770-8)
    発売予定日 2008年06月17日
    予定価格 1,365円(税込)
    本の内容 慶應大学法学部のFIT入試って何? 地方在住の受験生にはわかりづらいAO入試のしくみと攻略法を先輩合格者が本音で語る。

    Yahoo!ブックス
    http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0347614 

    セブン&ワイ
    http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=R0347614

    ※ちなみに、出版社側のミスで書名(タイトル)と著者の漢字がまちがっていますが、すぐ訂正されると思います。
    ==================================
引用返信 削除キー/
■221 / inTopicNo.4)  講座初日
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 02:43:50)
http://nako-p.cocolog-nifty.com/
     では、講座初日に生徒に配ったテキストをご覧下さい。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    東北大AO入試対策講座(1)

    講座の目的:
    AO入試に特有で必要なスキルを身につける訓練を、この入試制度を選んで臨む受験生に対して、段階的に順を追って行う。

    お願い:
    この講座専用のB5のファイルを準備すること。

    【課題1】
     「ニュートン」のバックナンバーの中から、自分の志望する学科に(密接に)関連があり、自分が“最も”面白いと思う記事を選びなさい。

    《目的》当然、志望理由書及び面接時に役立つ基礎知識の向上。

    (補足)取捨選択 → センスが問われる
       ・ 学科との関連性 = 志望学科に関する理解度が問われる。
       ・ 記事の面白さ = 面白いと感じる君たちの感性が問われる。

    ニュートン____年____月号 記事名:______________

    【課題2】
     明日までに、記事の要約を200文字以内、及び、その記事の何が面白いかを、他人に説明する文章を400文字以内で書いてきなさい。

    《目的》当然、志望理由書及び面接時のための基礎知識の定着に加えて、AO入試当日に課せられる小論文の練習。英語で聞かれて答える前に、そもそも日本語で要約ができて、表現できるようになる。

    (補足)
       ・ プレゼンテーションの基礎練習:文章で他人に説明することができる?
       ・ 要約して説明 → だらだらと「全文を読めばわかる」というような
        姿勢では、AO入試に臨む姿勢とは言えない。
       ・ 面白さを伝えられるか?→学科に関係のある科学的な内容を面白いと
        思えるか否か、君たちのセンスが問われている。
       ・ そもそも自分が「面白い」と思えなければ、他人にその面白さは伝わ
        らない。
       (教員の基本的なスタンス & リーダーシップが求められるAO入試受
        験生に必要)
       →正直、君たちは校内選考で面接して下さった先生から質問を受けて、
       「おぉ、君はそういうことに興味があるのかぁ」と、聞き手をわくわくさ
       せるような話をしてないでしょ?んじゃ、大学の先生だって「その程度?」
       って思うよ。

    −−−−−−−−−−−−−−−

引用返信 削除キー/
■222 / inTopicNo.5)  「ニュートンの記事を選ぶ」の補足
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 08:35:45)
http://nako-p.cocolog-nifty.com/
     生徒は予想よりこちらの意図を汲んで、真摯に取り組んでくれました。

    > 【課題1】
    >  「ニュートン」のバックナンバーの中から、自分の志望する学科に(密接に)関連があり、自分が“最も”面白いと思う記事を選びなさい。

     本校の図書館では、『ニュートン』を定期購読しているのですが、配架期間が終わると私のところに来ます。(以前は元校長先生の地学の先生のところで、でした)
     それを段ボール箱に入れて、物理室に置いてあり、「読みたい人は休み時間に自由に読みなさい」としていたのですが、こういうところでこういう活用ができるとは、という感じです(^^)

    > (補足)取捨選択 → センスが問われる
    >    ・学科との関連性 = 志望学科に関する理解度が問われる。
    >    ・記事の面白さ = 面白いと感じる君たちの感性が問われる。

     隣のクラスの担任をしている国語の先生が「この課題は生徒のセンスを問うんですね」と、やりかたを少し話しただけで納得してくれました(^^)

     生徒たちは僕の予想以上に短時間で、それぞれが要約する文章のあるニュートンのバックナンバーを選びました。

     少し時間があまったので、1手次に進みました。
引用返信 削除キー/
■223 / inTopicNo.6)  メモのコツ
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/22(Tue) 08:47:06)
http://homepage3.nifty.com/online-debate/zero/master/sono16.html
     「メモのコツ」という文字が紙の上側に書かれているほかは何も書かれていない用紙を渡します。

     「これから1分の原稿を読みます。それをメモして下さい。次に1分間で、メモを見ながら、スピーチした内容を再現して下さい。なお、一言一句同じである必要はありません。原稿の内容が分かるように再現して下さい。」

     ・・・ディベートバージョンの半分です。
        (フローシートを取る意義は必要ないので(^^ゞ)

     原稿もアップロードしましたので、必要な方はご活用ください(^^)

    #詳しくは↓
    http://homepage3.nifty.com/online-debate/zero/master/sono16.html

     これから、人の話をメモする必要がある実践が幾つもあるので、この段階でメモができるようになってもらいたいと思いました。

     じゃんけんで負けた生徒に再現してもらいました。
     予想以上に再現できました。「再現する」という動機付けがうまくいっているとはいえ、さすが東北大AOII期の出願資格を満たしている生徒たちです(^_^;)

     明日は早速、このディベートのコツを活用して、「他人の作った文章を聞いて、評価する」ということをしてもらいます。

memokotu-AO.doc
/27KB
引用返信 削除キー/
■224 / inTopicNo.7)  2日目
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/23(Wed) 02:17:01)
     2日目に入りました。
     テキストの課題は【4】からスタートですが、昨日行った「メモのコツ」が【3】に該当するという考えです。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    東北大AO入試対策講座(2)

    確認:講座専用のB5のファイルは準備してくれましたか?

    【課題4】
     課題2で書いた、要約と、その面白さの文章を読んで、聞き手にその内容と面白さを伝えて下さい。

    <やり方>
     名越が司会をしますので、志望学科、バックナンバーの年月、記事のタイトル、記事の要約、面白さ、の順で、口頭で発表して下さい。

    《目的》
    プレゼンテーションの基礎は、音声で表現することです。聞き手に伝える練習をします。

    (補足)
    ・文章で伝えることと、話して伝えることの違いを感じよう。AO入試には両方必要!

    ・『伝える』ということは、伝える側に「伝えたい」という意思がなければ、中々伝わらない。まずは伝えようと思うこと。そして、伝える内容が面白いと思えるように(そう思える記事を選んでいるはず)
    →面白いことが学べる学科を選んでいるはずですよね?

    ・そもそも君たちがAO入試を選んだのは、人間性を評価してほしいからですよね?
     そうしたら「僕はこういう人間なんです」ということを伝えることなしには、大学側(面接担当の方)が君たちの人間性を評価することは不可能なはず!
    →大学の方々から「一緒に研究しよう」と思わせるものを自分の中で養おう!

    【課題5】
     発表を聞いて、要約された内容の分かりやすさ、及び説明の面白さを加味して、誰が1番・2番であったかを、別な紙に書いて下さい。

    《目的》
     他人のプレゼンテーションを評価することによって、より望ましいプレゼンテーションのやり方を考え、今後の参考とする。

    (補足)
    ・根拠をもって選ぶ
    →「なんとなく」といった無責任な曖昧さ、「実は聞いてなかったんだけど…」といった聞き手としての無責任な態度では選んではいけない。
    →評価には責任を伴う!AO入試に関わらず、責任感のある男になれ!

    ・AO入試は、書面や口頭で伝えたことが、他人に評価される入試システムであるという現実から逃げないように。今のうちに強く認識しておこう。

    … … (わざと紙を分けて、後から渡す) … …

    【課題6】
     今回発表した内容は、人類や人間社会とって、どのように役立っているのか、3つ挙げなさい。また、その内容によって懸念される人類や・人間社会にとってのデメリットや問題点を2つ挙げなさい。

    《目的》
     物事には必ずしも、良いものだけがもたらされるわけではない。多面的に、かつ柔軟にものを考える訓練を積もう。
     また、君たちが志望している“工学部”は「Technology」を学ぶ学科であり、Scienceを応用して人類や人間社会に有益なものをもたらすことが目標であるので、常に、研究対象と私たちの身の回りの社会との繋がりが考えられるようになることが大切だ。

    (補足)
    「3つ考えなさい」とした時に、2つまではすぐに思いつくかもしれないが、3つめがなかなか思いつかない。そこで閃いたことが、実は本質的だった、という場合もある。最近言われる「地頭(じあたま)力」を養おう!

    <良いこと>   <デメリット>

    ○        ●


    ○        ●





    −−−−−−−−−−−−−−−

引用返信 削除キー/
■225 / inTopicNo.8)  2日目の様子
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/07/23(Wed) 02:42:22)
     生徒たちはまじめなので(^^)、6人全員が時間通りに集合。
     ファイルも準備してくれている様子。

     記事の選び具合も、多少のセンスが感じられる(これから磨かれるものと期待)
     要約、面白さを伝える文面には、それぞれの個性が感じられる(^^)

    > <やり方>
    >  名越が司会をしますので、志望学科、バックナンバーの年月、記事のタイトル、記事の要約、面白さ、の順で、口頭で発表して下さい。

     この段階で、生徒の志望学科などを把握しておく。

     終わった後、生徒たちは、僕のメモを見て感嘆の声を挙げる。
     そりゃ、ディベートでジャッジをすることを考えると、生徒が比較的ゆっくりと読み上げてくれる文章をメモすることくらいは容易です(^^)v
     ですが生徒にしてみると、 No223 で指導した「メモのコツ」が「このように具体化されているのか」と目の当たりにするのは初めてでしょうから(^_^;)。ディベーターがいかに普段から、知らず知らずのうちにメモの特訓を積み重ねているかが分かるかと(^^;。

    > 【課題5】
    >  発表を聞いて、要約された内容の分かりやすさ、及び説明の面白さを加味して、誰が1番・2番であったかを、別な紙に書いて下さい。

     相互評価による向上をもたらす仕組みは、『書き込み回覧作文』の実践からヒントを得ています。

    http://nako-p.cocolog-nifty.com/debatable/2006/01/3_6e71.html
    & 本家池田修先生の実践
    http://homepage.mac.com/ikedaosamu/kokugo/sakubunn/kakikomikairann-sakubunn.htm

     6人からの投票で上位2位まで入った2人は、 No223 にある「メモのコツ」で伝えた『ナンバリング』を活用して面白さを伝えてきました。しかもそれによって「どこが面白いか」をピンポイントで抜き出し、それを解説する形になっているので、確かに聞いていても「それは面白いねぇ」となりました(^^)
     また、昨日習ったことをすぐに活用するところなど、「生徒もやるねぇ」と思ったのでした(^^)

    > … … (わざと紙を分けて、後から渡す) … …
    >
    > 【課題6】
    >  今回発表した内容は、人類や人間社会とって、どのように役立っているのか、3つ挙げなさい。また、その内容によって懸念される人類や・人間社会にとってのデメリットや問題点を2つ挙げなさい。
    >
    > 《目的》
    >  物事には必ずしも、良いものだけがもたらされるわけではない。多面的に、かつ柔軟にものを考える訓練を積もう。
    >  また、君たちが志望している“工学部”は「Technology」を学ぶ学科であり、Scienceを応用して人類や人間社会に有益なものをもたらすことが目標であるので、常に、研究対象と私たちの身の回りの社会との繋がりが考えられるようになることが大切だ。
    >
    > (補足)は
    > 「3つ考えなさい」とした時に、2つまではすぐに思いつくかもしれないが、3つめがなかなか思いつかない。

     生徒たちは「理学部」と「工学部」の違いを明確にできていないことが多いので、ここで明確にしておきます。

     「3つ挙げる」は、ディベートの基礎訓練(メリットを考える)やアイスブレーキング(セミナーの最初に行う)などで使われる「いいこと3つ」の応用です。(これを、岡山さんか西部さんから習ったような気がするのですが…原典、どこにありますかねぇ?)

     ただ「デメリットも考えてみよう」は、実は難しいかも…(^_^;)

     ということで、生徒に感想を聞いてみると、順ぐり考えるきっかけになっているようです。
     また明日も頑張ります(^^)
引用返信 削除キー/
■226 / inTopicNo.9)  3日目
□投稿者/ 名越 幸生 -(2008/08/14(Thu) 14:40:10)
     時間が経ちましたが、3日目以降も継続して取り組みを行っていました。
     テキストがありますので、UPを続けます。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    【課題7】パートナーがなぜ東北大学工学部を志望しているのかを1分で紹介して下さい。
    《目的》 崗霾鷦集 → まとめ → 発表」の練習
        ∋嵋祥由書で書くべき内容を自己認識すること

    <やり方>
    (1)名越がそれぞれのパートナーを指名します。
    (2)2分30秒で、相方の情報を収集 2分半×2
     その際、下記のような観点で質問すると良いでしょう
     ・なぜ、他の大学ではなくて、東北大学なのか?
     ・数ある学科の中で、その学科を選んだのはどうしてか?
     ・大学では何をしたいのか?
     ・卒業後、何をしたいのか?
    (3)1分30秒で原稿をまとめる
    ※このときに、どのような順番で説明すればわかりやすく説明できるかを考える
    (4)1分間で相方紹介 1分×6人
    (5)再び、わかりやすい順(1位、2位)の投票

    (補足)
    ・メモのコツ、良いプレゼンなど、昨日までに取り組んだコツを活かそう。
    ・『質問力』が大切!
     後に相方を紹介することを前提として考え、分かりやすく説明するには、逆に「何が不足しているのか」を察して(センスが求められる)、それを質問する。
    ・人間は、非論理的。質問される(刺激を受ける)と、答えがランダムに浮かぶ。
     だが人間は、論理的な話(順を追って、筋の通った話)を聞きたい。なぜなら、理解したいから!
    ・よって、ランダムな回答を、分かりやすいように、論理的に並べ替える作業が大切。
     これは、小論文を書く前に行うメモの作成作業に等しい!今のうちにできるようになりなさい。
    ・この課題を通じて、工学部への志望理由を、自己認識しなさい!
     (他人の発表を聞いて初めて気がつくこともある)

    (宿題)【課題6】の<良いこと>を、明日聞きますので、考えておくように!

    −−−−−−−−−−−−−−−

引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree - (RSS/SPAM 対応版)