Debateフィードバック掲示板

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■166 / inTopicNo.41)  Re[6]: M 携帯電話を用いたいじめの減少
  
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/10/20(Sat) 22:44:34)
    田巻@北海道支部です。

    北海道支部で作成したモデルブリーフのなかから、
    肯定側立論への反論をを貼ります。

    ここで書かれている資料を使用する際は、
    必ず出典をちぇっくしてくださいね♪

    「否定側第一反駁」
    ○フィルタリング機能により携帯電話を使って有害なサイトを見ることを防ぐことができる。
    ウェブサイト「オールアバウト」におけるジャーナリスト根本佳子(ねもと・かこ)のコラム
    http://allabout.co.jp/gs/cellphone4family/closeup/CU20061010B/index2.htm
    今の時代、危険は外出先だけにあるわけではありません。出会い系やアダルトサイトなど、ケータイで見られるサイトの中にも有害なものがたくさんあります。そこで、子ども用のケータイには、あらかじめ許可したサイトしか表示できないように制限をかける機能が付いています。
     また、auでは、アドレス帳に登録されていない相手からのメールを受信拒否することもできます。これなら、不快な迷惑メールを子どもに見せてしまう危険性もなくなりますし、不審な架空請求メールが届いて、お子さんが悩むこともなくなります。


    ○ネットが関与したいじめはPlan後もなくならない。
    携帯を廃止してもパソコンから学校裏サイトにアクセスすることができるから。
    実際多くの個人が使用しているパソコンからインターネットが利用されている。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 1ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
    総務省等によると、平成17年12月末現在におけるインターネット利用人口は8,529万人、人口普及率は66.8%にも達したほか、個人のインターネット利用端末は、携帯電話等の利用者数が推計6,923万人に達し、パソコン利用者数(推計6,601万人)を初めて逆転するなど、モバイル化の進展が明らかとなっている。


引用返信 削除キー/
■167 / inTopicNo.42)  サポートエビデンス
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/10/20(Sat) 22:50:29)
    田巻@北海道支部です。


    北海道支部で作成したモデル立論の中から、
    サポートエビデンスの部分をかきます。




    ○携帯電話の小中高生への普及率
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 3ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
     NTTドコモモバイル社会研究所が平成17年3月に実施した調査によると、小学生では携帯電話の保有率が24.1%であるが、「持っていないが、欲しい」を加えると77.7%となっている。中学生は66.7%が保有しており、「持っていないが欲しい」を加えると95.2%となる。高校生は保有率が96.0%にも上る。


    ○携帯電話があることで、いじめから逃れるのが難しくなっている
    雑誌「児童心理」61(5) 2007年7月発行 P41 NPO法人ジェントルハートプロジェクト理事
    武田 さち子
     いじめ被害者の緊急避難措置として不登校や転校を進めることは多い。しかし今は必ずしも被害者が学校に行かないことがいじめの回避や解決につながらない。家にいても携帯電話で呼び出される。報復を恐れて断ることができない。学校や塾の行き帰りに通学路や駅で待ち伏せられたり、偶然、町であったときに携帯電話で仲間を呼ばれて囲まれたりする。


    ○携帯電話を用いたプロフィールサイトの悪用により、被害者が不登校になった例がある。
    日経新聞 2007年8月20日付け
    プロフはインターネットで自己紹介ページ作成するサービスの総称で、「プロフィル」の略。居住地域や生年月日のほか「好きな異性のタイプ」など、設定された質問に答えれば無料で作成できる。友達を増やす遊びとして、携帯電話を持った中高生の間で昨年夏頃から急速に広がり、名刺代わりにアドレスを教え合い掲示板でメッセージがやりとりされている。「プロフで同級生から『バカ』『ウザい』などと中傷されている」。七月、都内の女子高生が警視庁に相談に訪れた。匿名で同級生への批判を相手のプロフに書き込んだところ、逆に特定されて悪口が殺到するなどし、不登校になったという。


    ○プロフィールサイトによるトラブルの原因について
    雑誌「AERA」2007.3.26号 P19「暴走する携帯 学校裏サイト」
    企画会社ブームプランニング 中村泰子社長 (20年以上女子高生の流行を調べてきた人)
     女子高生がメールしなくなったのは、来たら速攻で返信することに疲れるから。代りに自分のプロフに近況を書いて、それを友達が読む事で「コミュニケーション」をとる。ところが、プロフを見て、「他の子と遊んでた!」と勝手に傷ついたり、「気にくわない」といじめが始まったり。「プロフだけで相手をジャッジするわけです。だからトラブルも多くなるんです。」


    ○学校裏サイトとプロフィールサイトの利用実態
    雑誌「AERA」2007.3.26号 P19「暴走する携帯 学校裏サイト」
    ※下記の資料は『とうこう』を漢字にしてください。この掲示板では漢字で『とうこう』できませんでした

    携帯コンテンツ会社のメディアシークは2月下旬、運営するデコメサイトとプロフ(プロフィール)についてネット調査をした。中高生にあたる13〜19歳の女性205人が回答。62%が裏サイトの存在を知っていた。そのうち、書き込みの経験があるのは43%、内容(複数回答)は、部活や宿題などの学校生活の情報、うわさ話、先生への不満・悪口と続き、「友達の悪口」は5番目だった。
    一方で「友達の悪口やいじめと思える『とうこう』を見たことがある」と答えたのは50%に上った。「悪口を書かれたりいじめられたりした経験がある」は22%で、ほぼ5人に1人の割合でいた。
    プロフについては、半数が「持っている」と回答。その半数はエッチな『とうこう』や画像が送られてきた経験があったと答えた。



    ○携帯電話は、メールやインターネット機能をいじめの手段として悪用されている。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 7ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
    子供達の間では、いじめの加害児童が「しね」「うざい」「学校に来るな」等のメールを被害児童に送りつけるほか、被害児童の誹謗中傷などが子供達の間で配信されたり、インターネット上の電子掲示板に書き込まれたりするなど、携帯電話がいじめの手段として悪用される状況にある。



    ○携帯電話を悪用したいじめは、匿名性があるため誹謗中傷の内容がエスカレートする。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 7ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
     携帯電話がいじめに用いられることにより、送信者が相手に分からないような形で過度に攻撃的な表現のメールが被害児童に送りつけられる例がみられる。この場合、一度に多数のメールが集中的に被害児童に送りつけられることや、送信者が誰か分からないため反論できないまま、一方的に攻撃され続けることもある。さらに、その匿名性から、誹謗・中傷の内容がエスカレートしやすいと指摘する意見もある。



    ○携帯メールによっていじめが起きた実例
    雑誌「AERA」2007.3.26号 P17「暴走する携帯 学校裏サイト」最近起きたネット絡みの問題
     奈良県橿原市の中学1年男子が、携帯メールで「うっとうしい」などと中傷されるいじめに遭い、うつ状態から不登校に。 原署は中傷メールを送りつけた1年男子2名を児童相談所に通告。


    ○フィルタリング機能やGPS機能の利用実態について
    週刊ダイヤモンド 2007年3月3日号 145ページ
    本誌では、インターネットを利用した調査会社クロス・マーケティングの協力を得て、全国の携帯電話を所有する子供の親400人にインターネット上で意識調査を実施した。(中略)携帯電話会社が用意しているGPSによる位置情報確認サービスなどの安全・安心機能を利用していると答えたのはわずか10.5%、同じく一定の料金を超えると利用できなくなる料金制限や、有害なサイトにアクセス出来なくする等の各種制限機能の利用も12%にとどまっている。





引用返信 削除キー/
■168 / inTopicNo.43)  Re[5]: M ケータイによる犯罪が減る
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/10/20(Sat) 22:53:10)
    田巻@北海道支部です。

    いくつかサポートエビデンスを貼ります。

    ○携帯電話は子供を対象とする犯罪に用いられている。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 6ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
     携帯電話を通じて得られる情報によって子供自身が重大な影響を蹴る危険性があるだけでなく、子供を対象とする犯罪を大人が携帯電話を介して仕掛けることにより、子供が児童買春や児童ポルノ製造などの深刻な被害に遭っている状況がある。


    ○携帯電話は出会い系サイトに関連した犯罪に用いられている。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 6ページ
    http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen29/finalreport.pdf
     実際、出会い系サイトに関連した犯罪の検挙件数は平成17年で1581件あり、うち96%で携帯電話が使われていた。これによって殺人、強姦、児童買春、児童ポルノ、淫行などの被害にあった18歳未満の子供は1061人に上っている。本年上半期の出会い系サイトに関連した犯罪の検挙件数は909件であり(前年同期比28.0%増)、被害に遭った子供は610人(同22.7%増)となっており、大幅に増加している状況にある。


    ○出会い系サイトへはアクセスしやすい状態にある
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 6ページ
     いわゆる出会い系サイト規制法により18歳未満の子供による出会い系サイトの利用防止対策がとられているが、利用の際の年齢確認は基本的に自主申告であるため、子供が18歳以上と偽って簡単に利用できる状況にある。また、迷惑メールの80%が出会い掲載との宣伝であり、子供が興味半分でアクセスする危険性も高い。

引用返信 削除キー/
■169 / inTopicNo.44)  Re[11]: 資料:携帯で少年少女が犯罪に( M ケータイによる犯罪が減る)
□投稿者/ 閲覧者 -(2007/10/20(Sat) 23:41:18)
    立論に対する反駁の参考モデルです。私の尊敬するディベーターの手法を参考にさせて頂きました。今回の論題では、優位性反駁・ターンアラウンド・ミルフィーユ(波状攻撃??)・スプレッドが結構使えますね。ターンアラウンドはまだまだですが(^^;)


    <否定側一反>

    お願いします。
    現状分析Bに関して、反駁を2点。
    1)現状で携帯電話3社が規制を設け始めているので、このMには内因性が有りません。
    資料、「asahi.com」2006年11 月19日付より引用開始。「小中高校生らが、携帯電話を通じて出会い系などネット上の有害サイトを閲覧出来なくなるよう、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社が対策を強化する。未成年者が新規に契約する携帯電話には、有害サイトを見ることが出来なくなる『フィルタリング』サービスを原則として導入する方針だ。」終わり。
    従って、プランと同等の効果を持った解決策が講じて有るので、現状維持でも問題解決は可能です。

    2)何故DMを発生させてまで、プランの導入が必要なのか肯定側は理由を提示していませんでした。そのため、理由を提示出来ない限り、論題を肯定する必要は有りません。

    解決性に関して、反駁を2点。
    1)肯定側のプランで規制が掛かるのは、携帯電話だけです。出会い系サイト自体はプラン後も永続して残るので、被害の根本的解決には至りません。

    2)その上、パソコンからも出会い系サイトにアクセス出来ますから、今まで携帯電話を利用してアクセスしていた児童がパソコンにシフトすることだって十分に考えられます。
    従って、プランの効果は有りません。

    重要性1に関して、反駁を2点。
    1)現状分析Bに反駁したように、現状維持でも問題解決は十分可能なので、国主導でプランを導入する積極的理由は有りません。

    2)フィルタリングサービスの周知も総務省が中心となって取り組んでいる解決策です。
    資料、先程の「asahi.com」より引用開始。「菅総務相は20日にも携帯電話3社の社長に、フィルタリングの利用を拡大するための対策を要請。」終わり。
    総務省が関係している以上、肯定側の望む国の有り方としての基準は満たせています。従って、現状に問題は有りません。

    重要性2に関して、反駁を3点。
    1)判断能力が無かったとしても、ネット上で発生した被害は全て個人の自覚と責任の問題です。しかし、否定側の主張するDMは、災害や緊急事態など誰にでも起こり得る、何時発生してもおかしくない、リスクの分からない問題ですから、多くの人々が負担を強いられるDMの方が優勢です。論題は否定されるべきです。

    2)プランを導入して青少年を守ったとしても、彼らが問題意識を持って再発防止に努めようとする意識の改善が無ければ再び同じ過ちを繰り返すだけです。実際には肯定側が現状分析Aで証明した様に、彼らには社会性が有りませんから、善悪の判断が出来ません。つまり、問題意識を持っていません。肯定側は意識の改善が起こることを証明すべきです。

    3)ターンアラウンドです。プランにより、携帯電話の所持が禁止されると、出会い系サイト被害が発生した場合に、外部に助けを求めることが出来なくなります。
    先程、発生過程に反駁した様に、出会い系サイト自体は残るので被害リスクはゼロにはなりません。従って、プラン導入はむしろDMです。

引用返信 削除キー/
■170 / inTopicNo.45)  Re[7]: M 携帯電話を用いたいじめの減少
□投稿者/ 閲覧者 -(2007/10/22(Mon) 08:08:49)
    初めまして、田巻さん。もしかして以前、オンラインディベートでtamaki=mickeyと名乗られていた方ですよね。北海道の方ですし。

    もしそうであるのならば、2005年のレジ袋税の論題の時は田巻さんの作成された否定側立論はとても参考になりました。あの立論を参考にし、全国大会でも勝ち進むことが出来ました。
    大会中も一度、お会いしたかったのですがどなたか分からなかったので・・・、この場を借りてお礼を申し上げます(^^)。

    <携帯電話論題と関係の無い話題になってしまったことをご容赦下さい>


引用返信 削除キー/
■171 / inTopicNo.46)  Re[8]: 私信レス(すみません)
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/10/23(Tue) 19:49:37)
http://debexp.blog73.fc2.com/
    簡単にレスを。<私信ですみません>
    昔、オンラインディベートでtamaki=mickeyで試合をしていた者です。

    あのとき作成したモデルがお役に立ててうれしいです。
    北海道支部の中でも下っ端ですが、昨年から全国大会にもお邪魔しています。
    上記のアドレスでディベートに関する散文をたまに書いています。よろしければ。
引用返信 削除キー/
■172 / inTopicNo.47)  ディベーターの交流も歓迎しますが(^^)
□投稿者/ 名越幸生 -(2007/10/24(Wed) 05:24:31)
    田巻さん、閲覧者さん
     こちらの掲示板での取り組みが、全国のディベーターの繋がりを築くきっかけになっていて嬉しいです。
     今、新トピックは、管理者しか立てられません。必要であれば、ディベーター交流用のトピックを立てます(^^)

     「必要だ」「作って下さい」等の御意見は、No1にある「足跡帳」ツリーに書き込み下さい。(^^)/

     なお只今名越は、極限に近いほど忙しい曲面を迎えております。この「携帯論題」での情報発信ができません。皆さんのご協力に感謝しますm(__)m
引用返信 削除キー/
■173 / inTopicNo.48)  デメリット「安心感の喪失」
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/11/05(Mon) 23:46:53)
http://debexp.blog73.fc2.com/
    北嶺杯で使った立論を掲載します。
    利用する場合、出典はかならず確認してください。

    否定側立論

    DM「安心感の喪失」


    1. 現在、携帯電話は日常の中で、子供といつでも連絡を取ることが出来、子供の居場所が確認出来るため、親の安心感に繋がっています。
    資料:2006年03月29日、ITmedia +D モバイルの記事より引用開始
    「携帯電話を持たせるようになったきっかけは「塾や習い事に通い始めたので連絡用に」「学校の行き帰りなどが心配なため」という答えが多い。これは携帯電話のメリットとして親、中学生、小学生のいずれもが「緊急時に連絡が取れる」「どこにいても居場所が確認できる」ことを挙げていることからも見て取れる。」

    2. また携帯電話はいざというとき、GPS機能や防犯ベルの機能により、子供を守る効果があります。
    読売新聞2006年3月2日付けより引用開始
    「鼓膜が破れんばかりの100デシベルのアラーム音が携帯電話から鳴り響き、別の携帯電話からは非常事態を知らせるこんなガイダンス音声が流れ始めた。NTTドコモが今週に発売する子供向けの携帯電話キッズケータイの防犯機能である。GPS機能と防犯ブザー機能が付属し、ブザーを鳴らすと、3つの緊急連絡先に次々と電話がかかり、居場所が携帯電話の地図画面に表示される。電源をきられても、位置情報が一定間隔で通知され、バッテリーは専用工具でないと取り外せない。(中略」AUも子供の居場所を確認できるサービス「安心ナビ」を提供。設定場所に子供が近づくと、メールで通知し、学校や塾が終わった後、どこにいるか分かる。」

    このように家庭では、現在子どもに携帯を持たせることで、日常的にさらには、いざというときのためにお互いの情報を把握出来るため、親が安心しているのです。


    3. 実際に災害が発生したとき、携帯電話は連絡を取り合う手段として利用されました。
    2005.3.25日更新 西日本新聞webpage
    福岡沖地震のときの記事より引用開始
     このうち六本松―桜坂間で止まった四両編成の電車には約二百人が乗っていた。車内放送の遅れにもかかわらず、パニックにならなかった原因の一つは携帯電話だった。 七隈線はトンネル内でも携帯電話が通じるが、不通状態は例外ではなかった。多くの乗客がメールやネットで情報を収集。子連れの女性は「母からメールが届きほっとした」。男子学生は「GPSで親の居場所を確認した」と話した。(中略)メールは、災害時の使用も想定して規制をかけない。災害時の電話は必ず不通になるため、携帯のメールは非常に有効な手段。


    また携帯電話を使った確認により、地震の際、命が救われた例もあります。
    朝日新聞1999年8月21日付けより引用開始
    「トルコ地震で最も被害が大きかったグルジュクで20日午後、地震発生から86時間振りに、夫婦が救出された。二人を救ったのは、一代の携帯電話に残された生存を示すメッセージだった。(中略)[被災者の兄のトプチュさんが]電話に残されたメッセージを開いたのは、19日午後10時頃のことだ。「(19日)午後2時15分番号29」。29は探し求めていたアハメッドさんの電話登録番号だった(中略)トプチュさんは「家族や親戚が必死に行方を求める建物はマシな方だ。そうした家族がいない場所は、生存者がいたとしても手つかずのままだから」と話している」


    4. ここでプランを導入します。すると、子供が携帯電話を持つことができなくなります。
    すると、今までお互いの状況を把握する手段だった携帯電話が使えなくなるため、家族は不安になります。ここで言う家族の不安とは、‐錣忙匐,範⇒蹐取れなくなり、居場所が分からず、子供が事件や事故、災害に巻き込まれそうになったときに、身を守るツールを失うことです。
    携帯電話は時に、子供の安否を知らせ、命を救うことも出来るのです。このように家族が安心する手段を国が奪い、子供を危険にさらすことは、大変深刻です。


引用返信 削除キー/
■174 / inTopicNo.49)  Re[6]: M ケータイによる犯罪が減る
□投稿者/ 田巻@北海道支部 -(2007/11/05(Mon) 23:49:33)
http://debexp.blog73.fc2.com/
    北嶺杯で使った立論を掲載します。
    資料は原典にもどって調べてくださいね♪
    ************************

    メリット「小中高校生を犯罪から守る」

    1.現在多くの小中高校生が携帯電話を所有しています。
    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 3頁
    NTTドコモモバイル社会研究所が平成17年3月に実施した調査によると、小学生では携帯電話の保有率が24.1%であるが、「持っていないが欲しい」を加えると77.7%となっている。中学生は66.7%が保有しており、「持っていないが欲しい」を加えると95.2%となる。高校生は保有率が96%にも上る。


    2.子供達がもつ携帯電話は、インターネットの接続機能をもっています。
    そのため、携帯電話によって「子供」が「子供を狙った犯罪者」と出会う確率が高くなっています。

    実際、子供達が携帯電話を使って出会い系サイトとよばれる異性紹介サイトに接続し、殺人や児童買春など様々な犯罪に巻き込まれています。

    バーチャル社会のもたらす弊害から子供を守るために 最終報告書 平成18年12月 6頁
     携帯電話を通じて得られる情報によって子供自身が重大な影響をうける危険性があるだけでなく、子供を対象とする犯罪を大人が携帯電話を介して仕掛けることにより、子供が児童買春や児童ポルノ製造などの深刻な被害に遭っている状況がある。実際、出会い系サイトに関連した犯罪の検挙件数は平成17年で1581件あり、うち96%で携帯電話が使われていた。これによって殺人、強姦、児童買春、児童ポルノ、淫行などの被害にあった18歳未満の子供は1061人に上っている。



    さらに、中高生の約1割がこのような危険な出会い系サイトへアクセスし、知り合った相手と直接合っているのです。
    朝日新聞2001.12.18に掲載された警察庁少年育成課の資料より
    調査は東京都内の中学校4校、高校5校の生徒計2115人を対象に9~10月に実施した。(中略)全体の21%が出会い系サイトにアクセスしたことがあると答えた。このうち知り合った相手と直接合っていたのは45%で、内訳は合った相手の数が1〜3人が66%、4~6人が15%、7~10人が10%、11人以上が8%(引用終了)


    3.子供達が携帯電話をつかってこのような出会い系サイトへ接続するのには理由があります。
    それは、〃搬單渡辰パソコンよりも小さく、△匹海任盪ち運ぶことができるので、大人の目が届かない所で出会いサイトに接続しやすいためです。
    読売新聞2007年9月30日付け大阪朝刊
    「実は、パソコンよりも携帯電話の方が危険なんです。」解決のヒントを探ろうと陶山小を訪ねると、中村教諭は多くの資料を示し、説明してくれた。画面が大きいパソコンなら、有害なサイトを見ていれば周囲の大人に見つかりやすいが、画面が小さくどこでも使える携帯電話の場合、発見されにくい。」



    4.ここでプランを導入します。
    すると、子供が携帯電話の個人所有および使用ができなくなるため、以下のように問題が解決します。
    〃搬單渡辰鬚弔って子供達が出会い系サイトへ接続することがなくなります。
    ∋匐,鯊仂櫃箸靴身蛤畆圓隼匐,箸鮴椰┐気擦覽_颪鮓困蕕垢海箸できるため、犯罪に子供が遭遇しなくなります。

    このように、子供を犯罪に結びつける役割をもっている携帯電話の使用を禁止するのは、小中高校生を対象とした犯罪に子供達が巻き込まれることを防ぐことができるのです。

    ゆえに、この論題を肯定すべきであると肯定側は主張します。

引用返信 削除キー/
■175 / inTopicNo.50)  Re[5]: D 安心感の喪失
□投稿者/ 閲覧者 -(2007/11/11(Sun) 22:56:09)
    <否定側立論Ver.2>

    デメリットは2点。
    1点目.災害対応機能の消失

    発生過程。
    災害時は通信集中を避けるため、携帯電話による通話が制限されます。この様な状況下では、制限が掛からないメール・災害用伝言板サービスの利用が、臨時の通信手段として有効です。なぜなら、音声通話は会話が終わるまで回線を塞いでしまうのに対し、メールなどのパケット通信は同時に多数のデータを送れるため、通信回線の利用効率が良好だからです。
    資料、「読売新聞」2005年8月25日付より引用開始。
    「地震などの被災地では一時的に、通常の数十倍の通信が集中するため、基地局がパンクしないように通信会社は通信を制限する。8月16日に宮城県沖で最大震度6弱の地震が起きた際は、movaは東北地方への通話で最大75%、4回かけて1回しか繋がらない規制が行われたが、メールや災害用伝言板サービスは規制が無く、普段通りに使えた。」終わり。
    プラン導入により、18歳以下の未成年は災害時にこれらの機能が使えなくなるため、デメリットが発生します。

    深刻性。何時発生するか分からない災害を目の前にして、未成年者の携帯電話所持を禁止することは自殺行為に他なりません。国は国民のための政策をすべきです。国の政策によって、国民は利益を享受出来るどころか不利益を受けてしまう、多くの国民が不便を強いられる政策は実施すべきではありません。デメリットの発生は国の有り方に反します。


    デメリット2.聴覚障害者負担の増大

    現状分析。
    現在、多くの未成年障害者が携帯電話を利用しています。
    資料、厚生労働省発表「身体障害児実態調査結果:平成13年版」によると、18歳未満の身体障害児総数は8万1900人。うち、聴覚・言語障害者は1万5200人です。
    そして彼らの携帯電話普及率は一般よりも極めて高いことも分かっています。
    資料、兵庫県立福祉の街づくり工学研究所「障害者の携帯電話利用について」(2001年)より引用開始。
    「一般の普及率は、平成13年1月の時点で6割程度。各障害者ともにこれを上回る傾向を見せている。図2に示すように聴覚障害では約90%の普及率」終わり。
    つまり現状では、1万3700人の未成年聴覚障害者が携帯電話を利用しています。

    それでは発生過程を2点。
    A.コミュニケーション手段の縮小
    口が利けない、耳が聴こえない聴覚・言語障害者にとって、携帯電話のメール機能を利用したコミュニケーションは生活に必要不可欠です。 
    資料、財団法人「日本障害者リハビリテーション協会HP」2002年10月更新部分より引用開始。「携帯電話メールの機能は聴覚障害者のコミュニケーション手段を大きく広げた。『気軽にリアルタイムでメールのやりとりが出来るのが良いと思う。何かあった時に、すぐに連絡が出来るので本当に助かっている』とある聴覚障害者は語る。」終わり。
    全面的な携帯電話の所持禁止により、聴覚障害者のコミュニケーション手段が縮小し、デメリットが発生します。

    B.非常連絡手段の消失
    聴覚障害者にとって、携帯電話は警察によって整備された非常連絡手段です。岐阜県を例示して説明します。
    資料、「自治体ドットコム」2006年5月26日配信より引用開始。「県警は20日、聴覚や言葉の不自由な人にインターネット機能を持つ携帯電話から110番通報してもらう『メール110番システム』の運用を開始した。<中略>聴覚障害者への携帯電話普及率も高いことから、110番のバリアフリー化を進めた。全国の警察で25番目。」終わり。
    プランの導入は日常生活における慢性的な不便化だけで無く、非常時にも即座に支障を及ぼします。

    深刻性。バリアフリーが重要視されている現代社会において、その流れに逆境した政策を実施することは国の有り方に反します。政策は社会的弱者を保護するために実施されるべきものです。唯でさえ、日常生活に負担の生じる障害者を苦しめる、弱者切捨てを名目としたプランの導入は否定されるべきです。(1622文字)



    今回は四日市高校さんが過去、使われていた立論を参考にして作成しました。
    DM1は『地震が発生した場合、携帯電話による通話は規制が掛かる』ということが分かったため、この様な形をとりました。

    ・・・DM1・2共に、メール機能に偏ったデメリットですが(^^;)。
    因みに、掲示板にupする立論は今回が最後です。皆さんの参考になれば、嬉しいのですが・・・。お互いに考えを出し合い、より良い議論を作っていければ良いですね。

引用返信 削除キー/
■177 / inTopicNo.51)  資料:有害サイト接続制限義務付けの素案
□投稿者/ 名越 幸生 -(2007/11/24(Sat) 16:10:35)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071124it04.htm
     田巻さん、サポートエビデンスの提供、ありがとうございました。
     名越@東北学院中高です。

    > ○フィルタリング機能やGPS機能の利用実態について
    > 週刊ダイヤモンド 2007年3月3日号 145ページ
    > 本誌では、インターネットを利用した調査会社クロス・マーケティングの協力を得て、全国の携帯電話を所有する子供の親400人にインターネット上で意識調査を実施した。(中略)携帯電話会社が用意しているGPSによる位置情報確認サービスなどの安全・安心機能を利用していると答えたのはわずか10.5%、同じく一定の料金を超えると利用できなくなる料金制限や、有害なサイトにアクセス出来なくする等の各種制限機能の利用も12%にとどまっている。

     本日の読売新聞の記事からです。
    『携帯有害サイト、接続制限義務付けを…教育再生会議が素案』
     (2007年11月24日14時32分 読売新聞)
     http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071124it04.htm

    「 政府の教育再生会議(野依良治座長)は、出会い系サイトなど携帯電話を利用した有害情報から子供を守る対策の素案をまとめた。
    (中略)
     素案は、保護者に対し、「小中学生が使用する携帯電話を購入する場合は、フィルタリングを義務づけること」と明記した。
    (中略)
     さらに、素案は小中学生の携帯電話の機能を、通話とメール送受信、全地球測位システム(GPS)を利用した居場所確認の三つに限定するよう保護者に働き掛けることを盛り込んだ。
     学校に対しても、携帯電話の使用制限にさらに取り組むことを求めた。
     例えば、〈1〉授業中の使用禁止など、校則に携帯電話に関する規定を盛り込むことを徹底させる〈2〉出来るだけ携帯電話を子供に買い与えないように保護者に要請する――ことなどの必要性を強調している。」

    −−−−−

     まだ素案ですので、携帯に対する規制や学校の取り組みが実際に発動するか否かは不明です。
     そのあたりは試合後とに、立証の程度が問われることとなるかもしれません。

     当然「フィルタリングは万能ではない」といった資料を用いた反駁が考えられます。
引用返信 削除キー/
■178 / inTopicNo.52)  Re[6]: D 安心感の喪失
□投稿者/ 閲覧者 -(2007/12/10(Mon) 23:56:31)
    東北共通論題まであと2週間程となりました。ディベーターの皆さんはいかが御過ごしでしょうか?さて、今日はモデル反駁を作成したので参考にして下さい。

    <肯定側一反モデル:対聴覚障害者負担の増大>

    お願いします。
    発生過程Aに関して、反駁を2点。
    1)肯定側は携帯電話が聴覚障害者のコミュニケーション手段を拡大させたということを証明したに過ぎません。
    実際には、筆談などの他のコミュニケーション手段も存在しますので、DMが発生したところで深刻ではありません。

    2)ターンアラウンドです。プランを導入すれば、聴覚障害者がコミュニケーション主体としていた携帯電話が利用出来なくなるので、彼らは必然的に筆談などの代替手段を採らざるを得ません。これにより、多少不便を感じるかもしれませんが、健常者と『直接的なコミュニケーション』を採ることが可能となります。従って、バリアフリー除去の観点から、プランの導入はむしろMです。

    続いて発生過程Bに関して、反駁を3点。
    1)メール機能は非常連絡手段であることを証明していましたが、資料の文面でも分かるように、全ての都道府県で画一的に実施されているシステムではありません。
    従って、十分なDMの固有性を確保しているとはいえません。

    2)仮に固有性があったとしても、非常連絡手段として本当に機能しているのか、数値を用いての具体的・積極的証明が無いので、この資料は評価出来ません。

    3)実際には、メール機能は非常連絡手段として十分には機能していません。これは、現状より明らかです。
    資料、兵庫県立福祉の街づくり工学研究所:尾田継之(おだ つぐゆき)「聴覚障害者用コミュニケーション機器の開発」より引用開始。
    「聴覚障害者の緊急通報のため<中略>開設及び準備されている動きが広まっている。しかしながら、確認が採りにくく、タイムラグが生じる可能性があるセンター経由型メール方式を採用されている。<中略>即時性についても考えていきたい。」終わり。 http://www.assistech.hwc.or.jp/ASSISTECH/ru2/report/h12ru2-4.pdf
    従って、DMが発生しても深刻ではありません。

引用返信 削除キー/
■179 / inTopicNo.53)  反駁例その2
□投稿者/ 閲覧者 -(2007/12/12(Wed) 00:40:44)
    昨日に引き続き、参考反駁資料を掲示しておきます。

    <肯定側一反モデル供対聴覚障害者負担の増大>

    携帯電話のメール機能は聴覚障害者のコミュニケーション手段を拡大させたとはいえません。なぜなら、現在の聾(ろう)学校教育は『口話法による口形読み取り』と『発音訓練』が中心であるため、十分な『メディア教育・コミュニケーションスキルの向上』を主体とした教育は行われていません。従って、障害者が有効活用出来るとは限らないのです。

    資料、「国立特殊教育総合研究所発行:プロジェクト研究報告」にて 神奈川県立鶴見養護学校教諭:田村順一はこう報告しています。引用開始。
    「聾者に大きな影響を与えたのは、携帯電話による「携帯メール」であろう。<中略>聾者にとってはきわめて利便性の高いメディアが突然利用可能になったと言うことでもある。ところがこうした機器やメディアに接する経験や学習が十分とは言えず、日本語の学習やコミュニケーションスキルが十分に追いついていない状態でメディアだけが先行して手に入ってしまうということは、
    かえって不自由や危険な状態に陥ることも予想される』終わり。

    http://www.nise.go.jp/kenshuka/josa/kankobutsu/pub_c/c-38.pdf
    ↑かなり重いPDFファイルです(T0T)・・・3MB位あります。




引用返信 削除キー/
■181 / inTopicNo.54)  交流専用の掲示板を設置しました
□投稿者/ 名越幸生 -(2008/01/02(Wed) 19:07:32)
http://hpcgi3.nifty.com/online-debate/df/df.cgi?no=2
     こちらをご覧のディベータの皆様へご案内です。

    >  こちらの掲示板での取り組みが、全国のディベーターの繋がりを築くきっかけになっていて嬉しいです。
    >  今、新トピックは、管理者しか立てられません。必要であれば、ディベーター交流用のトピックを立てます(^^)

     トピックではなく、専用の掲示板を設置しましたので、お知らせします(^^)

     『Debater's Icebreaking Room』
     http://hpcgi3.nifty.com/online-debate/df/df.cgi?no=2

     あちらでは、ディベーターの発言であれば、ディベートの話題でなくともOKにしますので、遠慮なく色々と発言して下さい(^^)

     RSS発信もできますので、旬な話題もチェックできます。
     どうぞご活用下さい(^^)/
引用返信 削除キー/
■189 / inTopicNo.55)  「高校生以下の携帯・PHS禁止」音声データ
□投稿者/ 名越幸生 -(2008/01/21(Mon) 00:56:25)
http://homepage3.nifty.com/online-debate/tdn/voice/keitai/
     TDN(東北ディベートネットワーク)で行った『第5回東北ディベート交流研修会』の交流試合・決勝を録音した音声データを公開しました。
     論題の参考にお聞きください(^^)

    http://homepage3.nifty.com/online-debate/tdn/voice/keitai/

    No112に返信(名越幸生さんの記事)
    >  こちらのトピックでは、'07年度北海道・東北【共通論題】についての取り組みに関する内容を扱います。
    >
    > −−−−−
    > '07年度 北海道-東北共通論題
    > 『日本は高校生以下の携帯電話・PHSの所有および使用を禁止すべきである。是か非か』
    > 固定プラン
    >  1.2010年から実施する

    *(2008/01/21(Mon) 01:00:18 編集[投稿者])
引用返信 削除キー/
■190 / inTopicNo.56)  「高校生以下の携帯・PHS禁止」ディベートシナリオ
□投稿者/ 名越幸生 -(2008/01/21(Mon) 00:59:48)
http://homepage3.nifty.com/online-debate/zero/casestudy/keitai/index.html#scenario
     『宮城ディベート“楽しみ隊”』で使用した「高校生以下の携帯・PHS禁止」論題のディベートシナリオを公開しました。
     用途に応じて改変して下さっても構いません。どうぞご活用下さい(^^)

    http://homepage3.nifty.com/online-debate/zero/casestudy/keitai/index.html#scenario

    No112に返信(名越幸生さんの記事)
    >  こちらのトピックでは、'07年度北海道・東北【共通論題】についての取り組みに関する内容を扱います。
    >
    > −−−−−
    > '07年度 北海道-東北共通論題
    > 『日本は高校生以下の携帯電話・PHSの所有および使用を禁止すべきである。是か非か』
    > 固定プラン
    >  1.2010年から実施する
引用返信 削除キー/

<前の20件

トピック内ページ移動 / << 0 | 1 | 2 >>

このトピックに書きこむ

Mode/  Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 ファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree - (RSS/SPAM 対応版)